薬剤師として転職に成功するための秘訣とは
Looking for a job

薬剤師への転職を成功させるために失敗事例から学ぶ

気になる成功率

何をもって成功というのか人によってバラバラですが、転職をすることで年収が増えたり減っても、成功したと感じる人がいたりします。割合としては年収が増えた人が70%、年収は変わらない、または減ったが満足している人は65%以上という結果になりました。その一方で、転職に失敗する人も世の中に沢山おり、それにはいくつかの理由が挙げられます。

転職に多い失敗事例ランキング

no.1

条件と全く違っていた

最も多かったのが、聞かされていた条件と実際に働いてみた環境が違っていることです。求人では条件がいいように書かれていても、手のひらを返したかのように激務だったなんて話もありますから、転職に失敗したとしかいいようがありません。

no.2

誘いを受けたものの毎日残業続き

「待遇がいいからうちにきなよ」という誘い文句の果てに、転職をしたが全くそうではなく、数時間の残業は当たり前という環境で踏ん張る人も実際多くいます。うまい話しには裏があるといいますから、転職をする前に職場環境を調査すべきです。

no.3

人間関係が最悪

求人情報には、人間関係が良好と紹介されていても実はスタッフ同時の中が悪かったり、特定の人物に陰湿な嫌がらせをするスタッフがいたりと、人間関係に難があるケースもあります。頑張って転職活動をして結果がこれなら最悪ですよね。

薬剤師として転職に成功するための秘訣とは

女性

情報量が少ない、もしくは質が悪い

薬剤師として転職に成功する人と、そうでない人の違いは情報量ですが、量が多くても質が悪ければ意味がありません。また、転職に関する対策がとても甘く、自分から情報を仕入れるという姿勢が見受けられないというのは転職によく失敗する人と共通するものがあるでしょう。自身の強みがなく、相談できる相手がいないというのも一致します。

成功させるならサイト選びが重要

数多くの転職成功者を出しているサイトは、会社やアドバイザーのレベルが高いといえます。薬剤師の求人情報が豊富で、条件通りの情報が見つけやすいです。評判のいいサイトは口コミに悪いことが書かれていないので、信頼して大丈夫でしょう。

アドバイザーとの相性がカギになる

いいサイトと他の人が評価しても、自分に合わないと転職を成功させるのは難しくなります。始めに複数の転職サイトに登録して、実際にアドバイザーと話をしてみましょう。馬が合わないなら別のサイトに、相性がいいなと感じたらそのまま続行して構いません。仕事について何でも話せる人が一人でもいると、心強いでしょう。

広告募集中